自由診療です

医院によって異なります

歯型

歯を失った場合に歯科医院で行うことができる治療方法はいくつかありますが、インプラントもその一つです。
インプラントとは歯が抜けた顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上から人工の歯をかぶせる治療方法です。
入れ歯やブリッジとは異なり、周囲の歯に負担を与えない治療方法であることから注目を集めています。
また見た目も普通の歯と変わらず、硬いものを噛むことができます。
このように人工の歯ではありますが優れている点が多く、「第2の歯」と言っても良いでしょう。
最近ではインプラント治療が受けられる歯科クリニックは存在し、徳島県に住んでいても治療を受けることができます。
そのため県内の主要な都市をチェックしてみると良いでしょう。
その中でも県庁所在地である徳島市が最もクリニック数が多く、個室診療を行っている施設があります。
ところでインプラント治療は保険が適用されない自由診療であるので、治療費は自己負担となります。
また治療費は徳島にある歯科クリニックごとに異なっており、使用するインプラントや歯科医師の技術によって値段が変わってきます。
一般的には30万〜40万円程度かかるといわれています。
治療費の内訳として最も割合が高いのが、顎に埋め込むインプラントの手術代です。
これが歯科医クリニックによって最も差が出る部分であり、10万〜40万円と非常に幅があります。
決して安い治療費ではないため、徳島にある複数の歯科クリニックを比較・検討してから選ぶことをおすすめします。

手術方法などの違い

ウーマン

インプラントは歯を失った部分に、ブリッジや入れ歯を入れるのではなく人工の歯根と歯を埋める治療法のことを言います。
徳島県内にもインプラントによる治療を行なっている歯医者があるので、近場から探してみましょう。
徳島県の歯医者でインプラント治療を受けたいと考えている方は、まずはその施術内容を知っておくと良いでしょう。
歯を一本ずつ人工のものを埋めていく方法が一般的なインプラントです。
歯茎を切り歯根を埋めていきますが、埋める箇所に骨が少ない場合は人工の骨を埋めてから歯根を埋めることもあります。
治療が終わり、歯茎や骨が安定してくると普通の歯のように違和感なく食事ができるので人気です。
複数の歯を同時に治療する事が出来る方法がインプラントブリッジです。
この方法では、歯根の部分よりも歯の部分が多くなるため、埋め込む人工の歯根は歯の数より少なく済みます。
また、インプラントの歯根の構造にも種類があります。
人工で出来た歯の部分とそれを支える部分、歯根部分の3つが一体化しているものを1ピースタイプと呼びます。
歯根部分とそれ以外の箇所をつなぐタイプのものを2ピースタイプと呼び、1ピースタイプを使用している歯医者と2ピースタイプを使用している歯医者があります。
1ピースタイプでは手術が一度で済むので早く治療を行いたい方に人気です。
2ピースタイプは2回手術をすることになりますが、時間をかけて経過をみながら手術をする事が出来ます。
歯医者を選ぶ際には、徳島県内にこだわる必要はありませんが、歯を失った治療の大半は、歯医者への複数回の通院が必要となります。
自宅や職場が徳島県内にあるのなら、少しでも近場の歯医者を選んでおくと、通院が楽になるでしょう。

料金体系も確認しよう

インプラント

初めてのインプラント治療は不安に感じる人が多いものです。
その理由は、まだメジャーな治療法とは言えないからです。
名称は聞いたことがあっても、どんな治療法なのか説明することはできないという人が多いからでもあります。
そこで、インプラント治療を受けるのなら安心して受けられるようにすることが大切です。
徳島の歯科で受ける場合、徳島でインプラント治療を専門的に行っている歯科を探してみましょう。
インターネットで検索したり、口コミサイトを見てみたりすれば候補が挙がってくるはずです。
続いて、徳島で一番安いインプラント治療の歯科をチェックしてみましょう。
料金体系はホームページに載っています。
載っていないようなら、実際に受診して訊ねてみるのもいいかもしれません。
最初のカウンセリングは無料相談として受けている歯科も多いので、気になることは無料相談会などでどんどん訊ねてしまいましょう。
それから、インプラント治療についてまだよく分かっていないというのなら、徳島で解説上手な歯科を選択することも大切です。
患者の質問に対して明瞭に回答してくれるような歯科ではないと安心して治療を受けられません。
言葉を濁したり、説明されても理解できなかったりするような、セカンドオピニオンを考えてみることをお勧めします。
このようにして、徳島で安心してインプラント治療を受けられる歯科を探してみましょう。
インプラント治療は一本辺りいくらというように、費用が高めにかかるものです。
だからこそ、納得した上で治療を受けられるようにすることが大事です。