歯槽骨の状態がポイント

骨移植で歯槽骨を増やす

インプラント

京都でインプラント治療を希望しても、歯槽骨の状態によっては、治療ができないケースもあります。
インプラント治療においては、歯槽骨にインプラント体とよばれるチタン製のボトルのような物質を埋め込み、この上に上部構造体を取り付けていきます。
そのため、インプラント体を埋めるときに、十分な広さや厚みのある歯槽骨が必要不可欠です。
ちなみに、歯槽骨とはわたしたちの歯が埋まっている部分の骨のことをいいます。
歯周病や虫歯の症状が進行すると、歯槽骨が溶けてしまい、インプラント体を埋め込むための十分なスペースが確保できなくなってしまうのです。
歯槽骨が溶けて小さくなっている状態では、インプラント体を埋め込むことはできません。
これを防ぐには、歯槽骨が溶ける前に、歯周病や虫歯の治療を行うことが必要です。
また、以前は、歯槽骨が溶けて小さくなってしまうと、もうインプラント治療を選択することは無理だといわれていました。
ところが、医療技術の進歩により、歯槽骨がやせ細ってしまった後でも、さまざまな方法で歯槽骨を再生させた後で、インプラント治療を実施することが可能となってきました。
京都でインプラント治療を行っている歯科医院の中にも、歯槽骨の再生治療が受けられるところがあります。
京都では、自分の骨や人工骨を歯槽骨に移植する方法、いわゆる骨移植法により、歯槽骨の再生を行うのが一般的です。
また、自分の骨や人工骨を移植して、患部をコラーゲンで覆い、骨芽細胞の活性化を促す骨再生誘導法などの先端的な治療を行う京都の歯科医院も増えてきました。

すぐに対応してもらう

歯科インプラント

最近はインプラント治療を受ける人が増えてきています。
京都の歯科でも希望する人はたくさん居ます。
ただし、歯科によって専門医が居ないこともあるので、その点は気をつけましょう。
できれば専門医の居る歯科で治療を受けることをお勧めします。
というのも、まだメジャーな治療法とまでは行っていないからです。
場合によっては治療後にトラブルが生じてしまうこともあります。
何かあった時にもきちんと対応してもらえるように、専門医の居る歯科を選んだ方が安心です。
また、どんな症状が起こりやすいのか、あらかじめ確認しておいた方がいいかもしれません。
インプラント治療後に起こりやすいトラブルとしては、腫れが挙げられます。
京都の歯科でインプラント治療を受けたあと、歯茎が腫れたり、頬が腫れたりするようなら、すぐにその歯科を訪れましょう。
何か不具合が生じている可能性が高いからです。
腫れているからといって勝手に冷やしたり、自力で何とかしようとしたりすることは避けましょう。
また、京都の歯科といってもたくさんあります。
インプラント治療を受ける前に、どんなトラブルが起こりやすいのか、きちんと話してくれる歯科を選んだ方が無難です。
他にも痛みが生じたり、最悪の場合、インプラントが取れてしまったりといったことも挙げられます。
どんなトラブルに対しても自力ではどうしようもないので、すぐに京都の受診先に連絡しましょう。
また、違和感があるようならすぐに連絡した方がいいかもしれません。

骨の再生治療対応歯科で

治療器具

京都でもインプラント治療は盛んに行われており、骨再生治療に対応した施設も多いため、幅広い方が受けられる状況にあります。
現在は様々な状況に対応が可能なので、京都にお住まいの方も歯科を受診し積極的に相談してみましょう。
ただ、インプラントを一度埋入すると細菌感染を防ぐためにも定期的な検診が不可欠になります。
検診は数ヶ月に一度の頻度で行っていくため、負担なく持続していけます。
しかし、忙しく生活されている方の中には、検診を失念してしまうこともあるでしょう。
メンテナンスを怠ると、周囲炎を起こし炎症や膿が発生することがあります。
そうなると埋入したインプラントを撤去した上で、患部の回復を図らなくてはなりません。
また、インプラントが神経に接触し炎症を起こしている場合も撤去が必要とされます。
ただ、このケースは極稀に発生するものであり、京都の信頼できる歯科でインプラント治療を受ける場合心配する必要はありません。
もし撤去の必要が生じた場合でも、確実な治療で対処してくれるので安心して受けられます。
撤去後、骨の状態によっては再度埋入手術が受けられるケースもあります。
もし骨がインプラントに適さない状態になっていても、一定の期間をかけて骨の再生治療を受けることで再度の埋入が可能になります。
京都には骨の再生医療を取り入れたインプラント治療を行っている歯科もあるので、不安な場合はそういった施設で診察を受けると良いでしょう。